休暇について


先日、お盆の長期休暇明け…「さあ今日からまた頑張るぞ~」と意気込んでいると、さっそく疲れた顔をしているスタッフを見かけました(^^;)

すぐに気持ちを切り替えることはなかなか難しいですが、会社としては、家庭生活・地域活動等に必要とされている時間と労働時間等を柔軟に組み合わせ、心身ともに充実した状態で意欲と能力を十分発揮できる環境を構築していくことが必要となります。

亀山電機では、有給休暇取得促進制度や育児短時間勤務制度、ノー残業デーなど、各種制度の利用しやすい職場環境づくりと、女性スタッフには子育てと仕事の両立支援策に積極的に取り組んでいます。(私自身、両親が共働きであったため、女性スタッフには結婚しても長く働いて頂く環境作りを考えていました。)また、育児休暇から復帰した際の短時間勤務の制度化や、有給休暇の30分単位での取得もすすめています。

福利厚生の中身を充実させながら、女性に限らずスタッフ全員が取得しやすい職場環境を作り出すことが重要な課題であると感じています。プライベートも仕事も充実させて、よりよい環境を作っていきましょう。

shinkokyu_man

投稿者のプロフィール

北口功幸
1965年(昭和40年)大村の松原の漁師街生まれ。
松原小学校、郡中学校を経て、国立佐世保工業高等専門学校(佐世保高専) 機械工学科を1986年(昭和61年)に卒業。
空調衛生設備会社へ入社し、同社九州支店へ配属。その後、長崎地場の機械・設備設計会社や制御系の会社を経て、1996年(平成8年)に亀山電機を設立しました。
剣道とバレーボールは小学校から関わりを持ち続け、10年続けた剣道は三段です。
坂本竜馬に憧れ、亀山電機を設立しました。
【所属】
長崎西ロータリークラブ 会員
佐世保高専同窓会 幹事
佐世保高専剣道部OB会役員
ベンチャーサロン・サセボ(世話人)
NTC西九州テクノコンソーシアム(技術交流・人材育成検討WG主査)
佐世保IT研究協議会 理事長