ドイツからのお客様


先日ダイニンガーさんが亀山電機へ来社され、今後のビジネス展開の話をしました。彼はドイツのBW 州政府国際経済学術協力公社でコンサルタントを行っています。
コンサル業でありながら技術者でもあり特に言語の部分とドイツ側の保守的な企業風土という壁を取り除く役割を担っています。日本へはたびたび訪問され、これまで亀山電機にも何度か来て頂きました。

打合後、長崎の料理店を紹介したところ、大変喜ばれていました。そして相変わらず日本食に詳しかったです。前回ブログにて紹介した”へこはずし”をお土産にお渡ししました。また長崎への訪問を楽しみにしています(^^)

attachment00

投稿者のプロフィール

北口功幸
1965年(昭和40年)大村の松原の漁師街生まれ。
松原小学校、郡中学校を経て、国立佐世保工業高等専門学校(佐世保高専) 機械工学科を1986年(昭和61年)に卒業。
空調衛生設備会社へ入社し、同社九州支店へ配属。その後、長崎地場の機械・設備設計会社や制御系の会社を経て、1996年(平成8年)に亀山電機を設立しました。
剣道とバレーボールは小学校から関わりを持ち続け、10年続けた剣道は三段です。
坂本竜馬に憧れ、亀山電機を設立しました。
【所属】
長崎西ロータリークラブ 会員
佐世保高専同窓会 幹事
佐世保高専剣道部OB会役員
ベンチャーサロン・サセボ(世話人)
NTC西九州テクノコンソーシアム(技術交流・人材育成検討WG主査)
佐世保IT研究協議会 理事長