会長挨拶

会長挨拶

代表取締役幕末の動乱期、剣を磨き時を見据えて己・家族・国を捨て、日本の将来のあるべき姿を唱え実行に移し大国日本を動かした『坂本龍馬』。
彼の“生きざま“に感銘を受け、日本で最初の株式会社と言われている社名の一部を譲り受け1996年10月7日、『亀山電機』の第一歩が始まりました。

「一人で出来ることは限られている。将来、夢・志を共有し、スタッフと共に技術を磨き素晴らしい会社を作りたい。」これが、設立時の唯一の思いで、ビジョンと呼ぶには程遠いものでした。

ホームページ開設にあたり、会社の存在意義を基本に亀山電機のあるべき姿を考えてみました。
まず、亀山の名に恥じぬ様苦しいときも揺らぐ事のない 高い志を持ち続けるべきと考えます。
時代・環境・景気が変化しようとも高い志を持ち続ければ戸惑うことなく必ず道は開けるものと信じています。

次に人間性尊重です。『企業は人なり』の言葉の通り、人の発展が企業の発展を導き出します。
躾と仕事に対する心構えを最高のレベルに引き上げ、自由闊達な社内を築けば、自ずと企業は発展すると 信じています。

そりゃ、いかんぜよ”の声を聞きながらIA・OA・WEBの「設計」「ソフトウェア開発」「教育」を軸とし社会に貢献する亀山電機であり続けたいと考えます。

代表取締役会長 創業者 北口 功幸

経営理念

[commentout]

  • 亀山の名に恥じぬ様、苦しい時にも揺らぐ事のない高い志を持ち続けます。
  • 企業は人なりの信念のもとに人材の育成を行い、全員がその持てる力を十二分に発揮できる自由で闊達な社内づくりに努めます。
  • Web、Office Automation、Industrial Automationを軸として社会に貢献します。
  • 顧客の心を我が心として新しい時代に適した商品づくりに努め、顧客のニーズと期待に応えます。
  • 顧客の品質評価を謙虚に受け止めて常に品質の向上と技術の研鑚に努めます。
  • 最高の技術と適正な価格により会社を発展させ、社員とその家族の生活向上に努めます。

 

[/commentout]

亀山電機の目的は、社員と家族の幸せを通して社会に貢献するものである。

 

誰を幸せにするか
  1. 社員とその家族
  2. 社外社員とその家族
  3. 現顧客と未来顧客
  4. 地域住民・地域社会
  5. 株主、関係機関
幸せになる為には
利益、品質、最高の技術、適正な価格、信用信頼、継続的な発展が必要
何をやって
Industrial Automation、Office Automation、Web

ページのトップへ戻る


株式会社亀山電機

〒852-8002
長崎県長崎市弁天町3番16号
TEL:095-864-7000
FAX:095-864-7001