佐世保高専文化祭に参加しました!


看板八角堂

 

11月4日(日)に開催された、母校である佐世保高専文化祭にて八角堂の中でスペシャル・コーヒーを提供させて頂きました(^.^)

「八角堂」は佐世保高等専創立50周年記念館で、佐世保高専の創立50周年記念事業の一環として、卒業生、教職員、関係企業・団体、その他の方からの創立50周年記念事業支援募金等により平成26年12月に完成しました。「一過性のものでなく、佐世保高専の今後の発展につながるもの」を基本方針として取り組んできたもので、記念館はその目玉として、これまでの歴史や活躍している卒業生の記録を残し、また、学生や教職員と卒業生、企業が連携して学校の教育を支援することを目的に建設したものです。

そんな想い溢れる「八角堂」の中で、忙しい1日となりましたが、高専祭を通じて元気な高専生に若さのパワーを分けて頂きました(*^^*)

今後も、地域社会では何が求められているのか、それに対してどのような貢献活動を行えるのか日々考えながら、お世話になった母校を始め、後輩学生・地域への支援、協力を積極的に展開していきます。

投稿者のプロフィール

北口功幸
1965年(昭和40年)大村の松原の漁師街生まれ。
松原小学校、郡中学校を経て、国立佐世保工業高等専門学校(佐世保高専) 機械工学科を1986年(昭和61年)に卒業。
空調衛生設備会社へ入社し、同社九州支店へ配属。その後、長崎地場の機械・設備設計会社や制御系の会社を経て、1996年(平成8年)に亀山電機を設立しました。
剣道とバレーボールは小学校から関わりを持ち続け、10年続けた剣道は三段です。
坂本竜馬に憧れ、亀山電機を設立しました。
【所属】
長崎西ロータリークラブ 会員
佐世保高専同窓会 幹事
佐世保高専剣道部OB会役員
ベンチャーサロン・サセボ(世話人)
NTC西九州テクノコンソーシアム(技術交流・人材育成検討WG主査)
佐世保IT研究協議会 理事長