今年も宜しくお願いいたします。


1578271017619

2020年がスタートして1ヶ月が過ぎようとしています。仕事始めの1月6日(月)、私含め役職9名で毎年恒例の亀山電機・初詣に行ってきました。弁天町の事務所から車に乗車しお諏訪神社へ。

初詣の歴史は元々年籠りといい、家長が大みそかの12月31日から元日1月1日の朝にかけ、氏神の社にこもる行事だったそうです。
これがやがて12月31日の“除夜詣で”になり、元日は朝に詣でる“元日詣で”に分けられ、江戸時代末期までは初詣などに年籠りのような決まった形式はなく、寺社に元日詣でをするだけ、つまり現在の初詣になったのは明治時代中期とされています。

他のスタッフが何をお祈りしたかはわかりませんが(^^;)、2020年も家族・友人・お客様・亀山電機スタッフ…が健康であることを願っています。そして今年はオリンピックイヤーの幕開けとあって、例年以上に盛り上がりそうですね。

亀山電機は今年4月で25期目を迎えます。経営理念の「社員と家族の幸せを通して社会に貢献」に向けて一層の努力を続けていく所存です。このメンバーを中心に今年度3月まで乗り切り、よりよい1年を過ごしたいです。重ねて、本年もどうぞよろしくお願いし申し上げます。

投稿者のプロフィール

北口功幸
1965年(昭和40年)大村の松原の漁師街生まれ。
松原小学校、郡中学校を経て、国立佐世保工業高等専門学校(佐世保高専) 機械工学科を1986年(昭和61年)に卒業。
空調衛生設備会社へ入社し、同社九州支店へ配属。その後、長崎地場の機械・設備設計会社や制御系の会社を経て、1996年(平成8年)に亀山電機を設立しました。
剣道とバレーボールは小学校から関わりを持ち続け、10年続けた剣道は三段です。
坂本竜馬に憧れ、亀山電機を設立しました。
【所属】
長崎西ロータリークラブ 会員
佐世保高専同窓会 幹事
佐世保高専剣道部OB会役員
ベンチャーサロン・サセボ(世話人)
NTC西九州テクノコンソーシアム(技術交流・人材育成検討WG主査)
佐世保IT研究協議会 理事長