松島を訪問しました!


キャプチャ

先日、長崎県の松島に営業スタッフと初上陸しました。(恥ずかしながら、初めてです…(^^;)
昔は採掘、現在は輸入、石炭の島です。

訪問先は、豊かな生活と産業の発展に不可欠な電力・エネルギーを安定供給する電源開発株式会社グループの一員として、発電設備の建設・保守サービスを中心に提供している企業です。今後、より良い取引ができればと考えております。

以下、ウィキペディアより抜粋

松島(まつしま)は、長崎県の西彼杵半島の西1km沖の五島灘に浮かぶ島で、江戸期から昭和中期までは捕鯨と炭鉱で栄えた歴史を持つ。1981年(昭和56年)に電源開発松島火力発電所が操業を開始した。江戸期以前は地元の漁師などの出入りはあったものの、人家もあまり見られず松林が茂っていたので松島と名づけられた。

tanker_lng_gasとても自然が豊かで気持ちが洗われるようでした。

投稿者のプロフィール

北口功幸
1965年(昭和40年)大村の松原の漁師街生まれ。
松原小学校、郡中学校を経て、国立佐世保工業高等専門学校(佐世保高専) 機械工学科を1986年(昭和61年)に卒業。
空調衛生設備会社へ入社し、同社九州支店へ配属。その後、長崎地場の機械・設備設計会社や制御系の会社を経て、1996年(平成8年)に亀山電機を設立しました。
剣道とバレーボールは小学校から関わりを持ち続け、10年続けた剣道は三段です。
坂本竜馬に憧れ、亀山電機を設立しました。
【所属】
長崎西ロータリークラブ 会員
佐世保高専同窓会 幹事
佐世保高専剣道部OB会役員
ベンチャーサロン・サセボ(世話人)
NTC西九州テクノコンソーシアム(技術交流・人材育成検討WG主査)
佐世保IT研究協議会 理事長